• kbtsworld

『トレーニングの5つの原則』

『トレーニングの5つの原則』



 前回は『トレーニングの3つの原理と5つの原則』のうち、3つの原理のお話しをしました。

 この3つの原理を理解した上で→

今回は「トレーニング効果を高めるためのルール」=『5つの原則』についてお話しします(^-^)


漸進性(ぜんしんせい)の原則


 前回のブログ中『過負荷(オーバーロード)の原理』でもお話ししましたが、日常生活で発揮している力よりも高い強度でトレーニングを行わないと体力は増加しません。しかし、急激に負荷を上げてもいけません。

それは、筋肉や関節を痛めたり、効果が減少してしまう原因になるからです。

 少しずつ段階を経て負荷を増やしていくことで、トレーニング効果を上手に引き出しましょう(^-^)


全面性の原則


 トレーニングをする時「気になっている部分」や「得意な動き」ばかりになっていませんか?

 偏ったトレーニングばかり行っていると筋力バランスが崩れてしまうので、ケガや腰痛などの慢性疾患を引き起こす原因をつくってしまいます。

 上半身、下半身、左右を全体的にトレーニングすることで、気になる部分のトレーニング効果も高まるのです(^-^)

 また、身体にとって筋力だけではなく、心肺機能、筋持久力、柔軟性などの能力も全体的にバランスよくトレーニングしていくことが重要なのでヨガたる自重トレーニングは最適です。



意識性の原則


 トレーニングをする時に、何のためにやっているのか?どこの筋肉を動かしているのか?…を理解した上で取り組んだ方が効果が表れやすいです。

 「ココを今使っているんだ!」と意識しながら動いて、効率的に身体を調えましょう!


個別性の原則


 人はヒトです。

個人個人別物であって、年齢、性別、体力、体組成etc…全く同じ人はいないのです。

目的や個人の体力に合った負荷設定を行わなければ十分な効果が得られません。

 アスリートの◯◯さんが…モデルの◯◯さんがやっていたから…といって真似をしてみても、同じ効果は表れないのです。

反復性の原則


 残念ながら…トレーニングは1回やっただけでは効果は表れません。また、続けて行ってきたトレーニングを突然やめてしまうと、せっかく得られていた効果が失われてしまいます。

 段階的に負荷を高めながら、反復して繰り返し、継続していくことで効果が表れるのです(^-^)

 トレーニングの十分な効果を得るために『トレーニングの3つの原理と5つの原則』に則って身体を調えて行きましょうね♡





閲覧数:7回0件のコメント