• expertnkuro

「YOGA哲学」ってナニ?

「YOGA哲学」ってナニ?

「YOGA哲学」ってナニ?





「YOGA哲学」と聞くと、なにやら難しそうなイメージを抱く人が多いですよね。


「ヨガ」は日本のスポーツジムや公民館等で行われていますが、その「ヨガ」=「ポーズをとっているカラダ☆」ではないですか?


本来、YOGAは「ポーズ」だけではないのです。


日本では、アメリカから入ってきたヨガの影響( ※アメリカのセレブ達がやっていたヨガのイメージ) を大きく受けていることもあり「ヨガ=ポーズ」のイメージが未だに色濃く残っています。

特に今は→

☆健康のため

☆運動不足の解消

☆ダイエットになるかも…と、

ヨガを行っている方も多いですよね。


でも…YOGAが生まれたインド( ※私がYOGAを学んだインド)では、ポーズはYOGAの要素のほんの一部です。

本来、YOGAのポーズ=アーサナは「瞑想で長く座るための身体作り☆」として行われていたものです。

瞑想を長時間するためには→

体に痛み等の気になる部分や、心や頭の中にモヤモヤがあると難しいので→

肉体的「体」を動かすことによって=モヤモヤを浄化☆して、エネルギーバランスも整えた状態で行うことが望ましいと言われています。


だから→

本来のYOGAをやったことがある方は、聞いたことがあると思いますが…

「YOGAはポーズだけではない。人生に活かせる叡智である☆」という言葉があるんですよ(^-^)


☆では質問です☆


あなたがヨガをしているはナゼですか?


心身共に健康になるため?


なぜ、健康になる必要があるの?


瞑想するため?


なぜ、瞑想する必要があるの?


悟りを開くため…?


実は→「YOGAをする本来の目的は進化のためである☆」と「ヨガ哲学」で伝えられています。


YOGA哲学は=「知を進化させるためのもの」


正しく見ること、正しい知識をつけることが「本当の自分☆」を知ることにつながります。


「本当の自分☆」がわからなければ、人と比べたり、常識にとらわれたり、他人の幸せを追い求めたりしてしまいます。

「本当の自分を知る方法」それを教えてくれるツールが「ヨガ哲学」です。


「自分を大切にするためにYOGAをして欲しい♡」


Studio 椿は そう考え、YOGAレッスンをしています。


ポーズは身体が調えば、自然とついてくるもの。

ポーズの出来・不出来にふり回されないで、自分を労るYOGAを体験しに来ませんか?


Studio 椿で お待ちしています。

16回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示